2008年11月28日

私たち、カップルで喩えるならいつでもドロ沼です

先日の日曜日(23日)、私は豪雪の地 『樽川』 に立っていた。

降りしきる雪に足元は埋もれ、

あまりの寒さに 「私、ここで凍死するのね・・・」 と。
 
そんな私を暖めようとそっと寄り添う愛犬 まめお。

天使が舞う樽川。

コギたちは遠くでその光景をただ見つめている。

私とまめおには、ネロとパトラッシュ(フランダースの犬)を彷彿させる、

万物の心に訴えかける何かがあるのだろう。




しかし、残念なことに私とまめおは生きている・・・あは♪




おそらくそんなステキ愛情劇があったなんて誰も気付いていない 23日樽川コギ集会。

凍死寸前の私にカメラ操作など出来るはずもなく、やむを得ず スルールールー・・・




その代わりに・・・と言ってはなんなんですが、15日の樽川コギ集会をお届けいたします。









『11月15日 正午。 樽川ドッグランにコギ集え!』

この言葉が札幌のコギ飼いに一斉に発信された。

発信源はアレママ



妄想しすぎて世間じゃちょっと変なカテゴリーに入ってるあの人だけど、何かと頼りになるお姉さま。

いつもありがとうございます。

こうしてたくさんのコギたちに会えるのも ひとえにアレママの妄想のおかげです。(←え?)




流れ作業的な「ありがとう」




楽しい楽しいコギ集会。

しかし最近のまめお マジでうるさい。

私が飼い主さんたちと会話しようものなら・・・

 

   おい豆っこ。
   無視すんな、無視すんなって!
   お前はオレを見ろ。
   オレだけを見てろ。
   
   


そして私が可愛いコギたちに触れようものなら・・・



   おい豆っこ。
   このコギに触るのか?マジで触るのか??
   いいんだな、本当にいいんだな。
   オレ・・・

   死ぬぞ。






ドロ沼恋愛のカップルじゃあるまいし、「死ぬ」言われても・・・



めんどくさい、マジめんどくさい。

コギ集会の意味が全くない。

誰とも、どのコギとも絡めない私は コギ集会に行く意味があるのか・・・




じゃないと目ん玉くり抜くよ




こんなまめおだから 当然コギ友はいない。

ソウルメイトはいてもコギ友はいない。

花に愛されていてもまめおにその気はない。(←え?)




「お友達がいなくて寂しくないの?」

そんなことをまめおに問うこと自体 お門違い。


   コーギー?・・・うぜぇ。
   豆っこいるし。



あっそ。




じゃあ 違う犬種で、
コーギーでなければお友達になれるのかってね。

ナシだね。って思っていた矢先に とても興味深い光景を目にした。




コギ集会 初絡み?




おっ♪




ギャラリーに見守られ 初絡み?




おぉっ♪




ちょっと楽しそうな 初絡み?




神様仏様・・・キラジ様♪


あのまめおがこんなにも絡むなんて。


このキラジというワンコ、
アホなのか賢いのか、空気を読んでいるのかKYなのか、
とにかく良くも悪くも打たれ強い。(レオおかんごめんね)

まめおはそんなキラジのオープンな性格に惹かれたのだろうか。
ましてコーギー臭さが一切感じられない見た目に なまりになまっていた体をポキポキ鳴らせ、



   いっちょ 揉んでやるか♪



揉まれるのはお前の方だろう・・・と言いたくもなるが、こんな光景も1年に1度見れるかどうかだし、
もしまれに、本当にまれな事に、この絡みをプレミアを付けてでも見たい!という超レアな「まめおフリーク」がいるかもしれない。


そんな限りなくゼロに近い「まめおフリーク」のためにも、

まめおには是非 華麗かつ妖艶に身軽なデブを披露してもらいたい。





しかし、蛙の子は蛙、デブな子はデブ。(←なんか違う)





キラジとの絡みで どんなにまめおの心が高揚しても、
【絡み免疫】がほぼパーフェクトに不足しているあの子に この絡みを乗り切る気力も体力も備わっていない。
まして高揚している自分を俯瞰で見た瞬間、

ふと我に返る。



   オレとしたことが・・・
   なぜキラジごときに・・・




そしてまめおの体が震える。
こんなに力強く大地を蹴ったのはいつ以来だろう・・・と。


キラジが去っていった後、

4つ足をプルプルさせた中年コギの哀れな姿が私の涙を誘った。







頑張れ まめお!


キラジに興味があるなら いつでも会わせてあげるから。


でもね。






キラジはコーギーとシュナウザーのMIXなんだよ。


だからコーギーなんだよ。


アハハ♪アハハハハ♪ (←鬼)




もうキラジとは・・・




た〜のすぃ〜♪♪



次回キラジとまめおの絡みが無いとすれば、

それはまめおがキラジをコーギーと認めたのでしょう。

そして、私はキラジ大好きです♪



一緒に遊んでくれたコギちゃんたち、いつもありがとう。




アレックス


コタロウ


ピエロ


もなか


レオ


キラジ


悟天


コタロウと涼真


アイン


CoCo


タロウ


くるみ


うめ




最近ブラックヘッドに興味がある私。

うめパパ・ママさん、うめちゃんをください。

大事に育てますから。

ウチのまめおとなら相性はバツグンでしょう♪



そして、最後にキモ可愛い まめお。




ビミョ〜な笑顔




追記) 写真に撮れなかったマーブルちゃんとはつねちゃん ごめんなさい。 
    
    そして23日に樽川で遊んでくれたみんなも いつもありがとう。









この日、虹♪さんとコタロウを送迎した私。

虹♪さんからお礼にと こんな素敵なマナーベルトを貰いました。

もち虹♪さんお手製です。



ドゥーブルフロマージュと同じアングルで


装着!




ありがとうです!
posted by 豆っこ at 00:00| Comment(19) | まめおと豆っこの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

たまにあっさり系はいかがでしょうか

ここ数日の札幌、

一面の銀世界です。

まめおも喜んでおります。




新雪とまめお


走るまめお




上空は雪雲が厚く覆っていたので薄暗いですが。




そしてまたここ数日の札幌、

チーム蝦夷自宅近くのS区界隈では 新しい大型ショッピングセンターのオープンに大賑わい。

私は恐れ多くもプレオープンに行かせていただいたので 高みの見物状態です。



なので本日我が家は 千歳アウトレットモール『Rera』へ行って参りました。



ウィンドウショッピングを楽しむ私。




蝦夷コギ至上初!豆っこ後姿


姿勢が悪いな・・・




帰りは『LeTAO』のドゥーブルフロマージュを購入し、帰路につく。




千歳にある『ドレモ ルタオ』店


ドゥーブルフロマージュ現物




間違いのない美味しさ。

実はこれ、ピエロママが我が家に遊びに来てくれたときにお土産としてお持ち戴いたのがきっかけで

ハマってしまったチーズケーキ。


このドゥーブルフロマージュを一口食したなら、マジ恍惚の境地です。




もちろん帰宅後は まめおのお散歩へ行くのでした・・・・まめちちが♪




朝のお散歩前のまめお




あっさりすっきり・・・『蝦夷コギ』らしくないか?


まぁ、たまにはねぇ。(爆)

posted by 豆っこ at 01:56| Comment(20) | まめおと豆っこの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月08日

思惑とは裏腹に・・・なんてこと

寒い北国から Long time no see 。


『好きです札幌』

雪が舞う我が街 札幌、ただただ「寒い」の一言です。

そんな寒い北国に住む私、身も心も温もりを求め夫婦水入らずで温泉旅行に行ってまいりました。

灼熱の地獄谷を背に もう水は弾かないだろう私の肌に大自然が作り出す天然の潤いを。



豆っこです。




初雪とまめお









さて、チーム蝦夷の以前住んでいたマンションは今のマンションから徒歩1分にある賃貸マンション。

徒歩1分圏内なんて散歩をしていれば当然その賃貸マンションの前だって通るし、住人にも出くわす。

利己主義、核家族のこの御時世、賃貸マンションの住人同士 交流も無いに等しいのが当たり前かと。

当然私もそのひとりだ〜ね。

しかし、こんな私もまめおのおかげで以前住んでいたマンションの方との交流が今でも続いている。



やはりウチの子、対人間への社交性はピカイチらしい。







『7階のマダム』



単に7階に住んでいるだけで名づけたこのお方、

このお方こそまめおが私の元に来た時から今日まで 、いついかなる時もまめおと目が合えば 同じ目線に腰を落とし手加減なしのまめタックルをダイレクトキャッチしてくれるすんばらしいお方。

当然まめおもそんな「7階のマダム」の体当たりの愛を感じずにはいられない、



愛には愛で応えなきゃ! 



まめおのマダムへの想いは 激しくもっと熱いものへ膨れ上がっていく。

その結果が物凄いタックル(=まめおの愛)という形で表現される。




しかしそんなまめおの愛も ときにはマダムがのけぞるくらい迷惑なときがある。




マダム言ってよ・・・




そうなのだ。

それはまめおのチャームポイント(?)、高い殺傷能力を持ち 幾多の虫たちがその尊い命を奪われてきた悪名高きあのマズル
虫たちの世界では「死を招くマズル」と心無い噂が流れているとかいないとか・・・



・・・・・チッ!どこのどいつだ、まめおの悪口を言う輩は!(←お前だ)



そんな飼い主の私からも決して良い印象を受けていないあのマズルがまれに大好きなマダムに牙を剥くことがある。


もちろんまめおの心とは裏腹に・・・




このマズルが・・・




いつものようにマダムマンションの前をテクテクと散歩をしていた私とまめお。
丁度そのときマダムがマンションから出て来られた。


即座にまめおのタックルが火を噴き、マダムが壁のごとくキャッチする。(←マダム華奢なのに)


最初のうちは安心してみていられる私。
でもまめおにとってこのタックルは単なる序章にしか過ぎない、「こんなの出会いがしらの挨拶程度でしょ」とね。

そして・・・次に出るは、あのマズル。

どうやらまめおはマダムにキスをしたいらしい。

しかし・・・






まめおは気付いていない、自分のマズルが他犬より鋭く危険なことを。



そして私はそのことを彼にまだ教えていない。



教えるべきか否か・・・(迷)






必要以上に長く成長してしまったマズルではきっちり距離感などつかめるはずもなく。

マダムの綺麗なお顔に・・・

マズルが・・・

  


刺さる。(汗)




刺さる。(汗)




刺さる。(汗)




ただちょっと、ほんのちょっとマダムの顔にキスをしたいだけなのに、




刺さる。(泣)




刺さる。(泣)




刺さる。(号泣)




マダムのけぞる・・・・・あぁ・・スイマセン(滝汗)




まさか刺さるなんて




あぁ〜〜あぁ〜〜〜〜私の心が悲鳴をあげます、こんなに鋭角に伸びてしまって申し訳ございませんと。

でもこれが私が選んだかわゆいまめおなんだと思うと「まいっか♪」と思ってしまうアホ飼い主です。



有難いことにマダムもあんがい悪い気はしていない様子に「マダム、刺さってますよ」とは言いづらく、心で悲鳴をあげながら顔は笑顔でいる次第です。





いつもまめおを可愛がってくださり、本当にありがとうございます。

これからもこんなまめおと私を宜しくお願いします。

posted by 豆っこ at 00:00| Comment(13) | まめおと豆っこの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
その他リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。